大雪8日目

画像
記録的な大雪から8日が経ちました。
1週間前の降り始めには、
こんな状況になるなんて誰が予想出来たでしょう。 

80歳超えた方々も今まで生きてきてこんな大雪はなかったと
言っていました。

今まで秩父地方は、大雪も水害も地震被害も少ないと思われてきました。
最近の異常気象を考えると今までなかったからないだろうということが
これからはわからないと危機感を持ちました。
災害に対する備えは、311で学んだはずなのに
改めて、身を護る備えを考え直さなければと思いました。

道が閉ざされる不安、
雪に埋もれてしまうかもしれない不安、
灯油が、お米が、生活物資がなくなってしまう不安、

まず自分の身の周りのことしか考えられませんでした。


雪がようやく止み、外の様子がわかってくると、
この辺りでも雪の重みで屋根の破損、カーポートが倒壊、車が破損した等々、
被害が大きいことがわかりました。
でもケガがなかったから本当に良かったと話しています。

でも、他の地域ではカーポートの下敷きになって亡くなった方、
駐車場で車の移動中、誤って事故に遭われてしまった方、
痛ましいニュースが次々に入り、やるせない気持ちです。

山間部地域では道路が1本しかなく、雪崩が起きて孤立状態の地域も
未だにあります。厳寒時の今、灯油、食料品の不安感はどれほどのものでしょう。
たくさんの方々の協力で早く普段の生活に戻ってほしいと思います。




画像










画像

















屋根の雪が少しづつ融け、つららが日に日に伸びてゆき、
窓辺のヒアシンスは、いつのまにかピンクに色づいてました。


玄関先の雪を歩ける分だけ払い、
香りを漂わせ、お客様をお迎えしました。

「家に閉じこもりになっていて、疲れがとてもとても溜まってるの‥」と
お電話の声は悲痛でした。

日常のストレスに、この大雪で見えない疲れがたまっていることでしょう。
ほんのひとときをアロマでリセットしてくださるよう、
心をこめて施術させていただきました。

私には、精油を使ってトリートメントをすることしかできません。

症状を治すことはできませんが、
心身の状態を良い方向に向ける「きっかけ」が
アロマトリートメントにはあると思っています。


笑顔でお帰りになる後ろ姿が軽やかにみえました。


Aroma Tabiya













"大雪8日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント